• 杉山信二

崖相談での簡易調査について


弊社は年間に多くの崖相談を頂いております。


崖相談で現場を確認できる場合は簡易調査を実施しています。

その簡易調査は、擁壁の変状(亀裂の入り方や破損の状態など)だけでなく周辺の地形や地質(踏査等で確認)、表面水や地下水の流れなどを想定して動きの形態と発生原因を推測し、それらの情報を基に危険性を判断します。




亀裂の入り方や高さの違いなどによって動きの方向や範囲などを知ることが出来ます。





塗られたモルタルの破損状況や積石大きさ、石の種類や強度、積み方や飼石の状況など、より多くの情報を得ることで危険性の判断ができるため時間をかけて調査を行います。




写真のような大きな変状のある場合は早い段階で対策が必要となりますが、崖相談の約半数程度は危険性は高くない状態(過剰な不安と心配)のものが多いのが現状です。


弊社では無料で簡易調査を行っていますので、崖や擁壁等が不安な場合はお気軽にご相談ください。

閲覧数:86回0件のコメント

最新記事

すべて表示