• 杉山信二

道路下の緩んだ石積接着補強


市の所有となる道路下の石積みがかなり緩んだ状態となっていました。

隣地は家屋が接近しており、用地や諸条件により改修工事が出来ない現場です。




状況を確認すると劣化したモルタルの内部は空隙が広く、モルダム工法で接着補強が可能な現場でした。





この様な現場ではモルダム工法の特性は有効であり経済性にも優れているため公共事業としても使用しやすいものだと考えられます。





危険だった状態の石積みもモルダム工法で安全な状態にできた公共工事の施工例です。

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示