• 杉山信二

護岸間知ブロックの接着補修

更新日:2月17日


間知ブロックの護岸擁壁の一部が破損していたためモルダム工法で接着補修しました。


現場は海岸沿いの埋め立て地であるため地盤の微妙な動きが構造物の歪となって破損に繋がったと考えられます。




練積みの間知ブロック積擁壁は専用充填剤を注入しても接着面積が少ないため補修工事と位置付けています。






ただし充填剤はモルダムエースであり、その接着力と圧縮強度から考えるとかなりの効果が期待できます。






一部が滑落しそうな状態でしたがきれいに接着補修できました。







2017年に施工した公共工事の施工例です。

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示