top of page
  • 杉山信二

河川の石積護岸補強工事


全国の公共事業で状態の悪い河川の石積護岸がモルダム工法で接着補強されています。






モルダム工法は、石積みの風合を残したまま接着補強することが可能であり、改修工事と比較にならないほど安価に仕上がることなどによって採用に至るようです。





また、状況により水中打設が可能な不分離型の充填剤(モルダムエースSタイプ)にを使用することで水替えを行わずに補修することも可能です。


写真は今月(11月)完了した公共工事の施工事例です。

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page