• 杉山信二

動く石積みを接着補強


数年前から動きが大きくなっているため補強して頂きたいとの依頼を受けた石積みです。




石積みが移動したことにより上部にテンションクラックが発生して、そこから雨水が流れ込んでいる状況でした。




家屋があるため法枠工やロックボルトも出来ない状況です。

検討した結果、周辺の石積みと合わせて接着補強することで面として安定させることが可能な状況であったためモルダム工法で接着補強を行いました。




テンションクラックの周辺はワイヤメッシュを入れたコンクリートで雨水が流れ込まないように処理しました。




膨らんだ部分は安定している部分と一体化した状態で山側に荷重をかけることが出来た民間工事の施工例です。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示